2017年02月21日 (火) | 編集 |
昨日の昼間は暖かいけれど突風が吹く春一番でした

夕方からチョット冷えてきていましたが

20:00チョット前にバラバラ・バラバラ、ザー 

雨粒にしてはと玄関から外に出ると雹(ひょう)が降っています

5分間ヒョウが降りました

慌ててカメラを取りに戻って

その間に勢いが弱まって直に止んでしまいました

おおよそ5分間の劇的なショウでした

慌てる車のライトが当たった瞬間を1枚撮れただけでした

そして、気温がガクッと下がっています



そして、今朝寒そうと思いながら出掛ける支度をして

8:15頃外に出ると・・・吹雪です(チョット大袈裟ですが)

もう、考えている暇はないので荷物を自転車に乗せて押して行く

寒さは強いので気持ちよく歩けて駅まで

そのころにはほぼほぼ止んでいました

目的地の北新地まで出て、チョットコーヒーブレイク

and t (TOHO大阪営業所)に少し早めに滑り込み

パーツをせっせと組み立てていくことに

本当は待つ方がいいのだけれど下永瀬先生が途中から来られるので

それまでに岡本先生とある程度形にしておく方が

ポイントが解り易そうだったのと、1組のご夫婦が参加されるのもあって

私同様、体調が不安定な奥様を気遣ってとはいえ

ご主人のかっちり作られるところは素晴らしかった(チラ見だけですが)

なんせ、余裕がない私は必死です

でも、苦手なシダの作り方をまじかで観られたのは大収穫です

何度も投げ出していたシダが瞬く間に形に・・・作り方が違っていた



私の出来た桃と菜の花の一組を別に仕立てるのに

ほぼほぼ岡本先生のフォーミングで留めつけて

リボンは下永瀬先生がつけてくださいました

(これ本来のセットを作った余りビーズを生かした分)

桃と菜の花①

下に置いても、縦にしても(1番は右上で下げるのが好き)

桃と菜の花②

桃と菜の花③

離れてみると糸巻きが上手くいったように見えますが

やはり慌てて巻いたから綺麗に揃っていませんね~

桃と菜の花④

でも、細かな花びらのフォーミングを下永瀬先生が触られると

生き生きしてくるのが凄いところ(右上の花びらが元)

ここまでしていいのだと改めて認識しました

桃と菜の花の本来のアレンジはこの3倍をセッティングするのを

1組だけやっと仕上げました フ~ッ

なのに次の課題を渡す岡本先生

「え~、もう次」 「カーネーション慣れてるでしょ

「器は適当にスワッグに組めたらいいから探して~」

1ヶ月あるから出来なくはないけれど・・・

来月も荷物多くなりそうやん(まだ、涼しいからいいけど)

暑くなったら絶対無理だからって念押ししたけれど


レッスンが30分程押してしまって、先生方は万博公園へ

国立民族学博物館に下永瀬先生のビーズが展示されるのを搬入だそうです

開館40周年記念特別展「ビーズ―つなぐ・かざる・みせる」で

3/9~6/6 の期間のようです

駅からチョット遠いけど頑張って私も観に行かないと 

帰路は疲れ果ててもうやっと帰宅しました 

明日は嫌な奴の顔を見るのでチョットブルーですp_ganba_20160610203426ccc.gif w_ganba_20160606174851cfe.gif












ランキングに参加しています
ポチッとお願いいたします
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ細工へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
ありがとうございます





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
ビーズフラワー、きれいですね。
こまかくてすごく手間かかってそうです。
TOHOkのビーズ教室って、本格的ですね。

前回のとらねこちゃん、かわいかったです。
私は立体の物は難しくて投げ出したことがあります(笑)

気温の変化にお気をつけくださいね〜(*^-^*)

2017/02/22(Wed) 19:30 | URL  | yayoi410 #-[ 編集]
yayoi410さん、こんにちは~
ありがとうございます
TOHOの営業所に先生が出張してくれています
午後は先生のお勉強タイムなので時々朝から大先生がお見えになります
嬉しいけれどど緊張タイムになります

テグスで作る立体物は苦手ですが、だいぶ見慣れてきました

今年は気温変化が激しいですね
yayoi410さんの作品楽しみです(^o^)/~
2017/02/22(Wed) 19:41 | URL  | beads dream #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック